• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    第41話 ヨーロッパ戦線

     ジャバ登場・・・・って登場シーンはちょっとですけど(笑)
     プライベートなシーラとオフィシャルのシーラの描き分けが上手いなと思います。
     パリ炎上の余波は上手く戦えないショウとマーベル・・・この回のショウとマーベルの目の描き方が「取り付かれている」というのがうまいなぁと・・・・この戦いの功労者はチャムですね(笑)

     ショットの背景が描かれてますね・・・アメリカへの憎悪ですね。

     英国女王と面会するシーラ・ラパーナ。所謂「皇族外交」ですね。

    「貴き道を目指すものこそ、人の心を打つものと重んじたからです」

    シーララパーナの気高さが英国女王の心を動かしたのでしょう。

    「俺だってジョンブルだぜ」by潜水艦艦長。

    イギリス軍がゲア・ガリングに核攻撃。

    その隙にグランガランがゲア・ガリングに突進。更に後方から迫るゴラオン。

    ジャバの攻撃で負傷するシーララパーナ。そしてコントロールを失うグランガラン・・グランガランの下にゴラオンを回り込ませるエレ・・・・そりゃちょっと「アクシズを押すラー・カイラム」と同じくらい無茶ってもんです(笑)

    重症の中でも英国女王に作戦失敗を詫びるシーラ・・・・・・女王の役目とはかくも厳しいものなのだと実感。

    第42話 地上人の反乱

     オスロ市民にゲア・ガリングの修理をさせるビショット。

     シーラ・ラパーナに詫びるエレ・ハンム。

    「エレ様頼みましたよ」byシーラ

     ハリアー登場。ノルウェー政府からゲアガリング攻撃の許可を得るエレ・ハンム。

     オスロを灰にしても協力するというノルウェー人、

    「さすがヴァイキングの子孫というところか・・・」

     ストライキを起こすノルウェー人。

     「ゴラオンだって来るんだから!」・・・・こんな事言っちゃだめよチャム(笑)

     折角逃げてきたのに、戦おうとするリムル・・・・はよゴラオンに着艦しなさい(笑)

     ビゲンなども登場。

    「大儀に死する地上人がいます・・・・死をも恐れぬ地上人が、ゲアガリングを討てと言っているのです・・・・討たせていただきます」byエレ。

    「どうやら誘いに乗ってくれたようですな・・・」byエイブ。

    上のエレのセリフは挑発なんですね・・・。

     女王の座は望んだものでは無く・・・・まだ、シーラほどの完成された女王でもない・・・・しかし、懸命に周りの期待に応えようとするエレ・ハンム。だからこそエイブやラウの兵士は命を懸けて戦うのでしょう。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA