• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    今年の9月には「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」が公開されます。この「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」は「新世紀エヴァンゲリオン」のリメイク&新作なんですが、「新世紀エヴァンゲリオン」の監督庵野秀明さんの「エヴァ以前」の作品として「ふしぎの海のナディア」が存在します。庵野さんの作品としては「エヴァ以前、トップ以降」となります。
     最近Yahoo!でも無料配信されています(まだ前半ですが)
    http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00004/v02155/
     「ふしぎの海のナディア」の元々の企画は「天空の城ラピュタ」と同じもので、似通った部分も多いです、例えば飛行石とブルーウォーター。ナディアの特徴として以前の作品のパロディ・オマージュが多く登場します。N-ノーチラス号の発進シーンはヤマトそのものですし(笑)

     ナディアを見て思うのが、エヴァの要素が既にナディアにはかなり含まれている事です。N-ノーチラス号登場後はプラグスーツのような服をエレクトラが着ていますし、なによりN-ノーチラス号のデザインがエヴァンゲリオンと同じ人で、そのエッセンスを感じる事ができます。また、クライマックス近く(物語の根幹に当たる部分なので、敢えて内容は書きませんが)で、エヴァンゲリオン初号機の暴走シーンの音楽が流れます(正確にはエヴァがナディアの音楽を使いまわしている)。また、エヴァでもテーマになっていう「アダム」なども既にナディアで登場しています。あと・・・・・・・・NHKがこんな演出をOKしたなというトラウマになりそうなシーンが結構出てきます。
     またナディアの場合エヴァとは異なり、エンディングは古典的な大団円&エピローグで、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」は「ナディアへの先祖帰り」とも考えられるのではないでしょうか?
     大人の事情(笑)で、途中作画が厳しくなったりもしますし、メインストーリーとは関係無いギャグ要素も満載ですが、ずっと見てきた人にはN-ノーチラス号登場以降の最高のエンターテイメントを見ることができます(笑)


     どこかN-ノーチラス号のプラモ出してくれー(笑)

    2019年11月追記 めでたくコトブキヤから既に発売されました。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA