• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    今日、8月15日は一般的に「終戦記念日」と言われています。一部「敗戦記念日」とすべきだという意見もありますが、名称の問題ではなく8月15日という日付そのものを考えてみましょう。
    時系列で追います
    1945年
    7月26日 ポツダム宣言
    8月9日  御前会議にて「国体の護持」を条件にポツダム宣言受諾決定
    8月10日 「国体の護持」を条件にポツダム宣言受諾と連合国に通達
    8月11日 バーンズ回答
    8月14日 御前会議にて昭和天皇のご聖断によるポツダム宣言受諾決定、終戦の詔勅(大東亜戦争終結ノ詔書)が発せられる、玉音放送録音
    8月15日 玉音放送放送
    8月16日 大本営から「自衛戦闘を除く戦闘行為の停止」の命令
    9月2日  降伏文書調印
    1952年
    4月28日 サンフランシスコ講和条約発効
    となります。
     ここまでの時系列で見ると8月15日は「玉音放送の放送日」に過ぎない事が良く分かります。
    法的な一般論で言えば、
    8月14日=停戦合意
    8月16日=停戦
    9月2日=降伏
    1952年4月28日=終戦
    となるのではないでしょうか?
     ただ、戦後の一部法律が8月15日を基準にしている場合もあるようです。

     8月15日に「停戦」で無いことは、内地部隊ではなく得られる情報が少ない洋上にいた部隊を考えるとよくわかります。
     例えばウルシーに向かった伊400は8月15日の段階では「8月17日に攻撃決行」の決断をしており、8月16日になって「大本営及び潜水戦隊司令部からの停戦命令」によって攻撃を中止しています(一部資料では「2日前の8月15日に攻撃中止決定」となっていますが、艦長の手記の証拠を含め、1日前の8月16日に攻撃中止決定がスジが通っていると思います)。

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA