• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

     父親達の星条旗を観てきました。・・・・・今日は映画の日で1000円でしたし(笑)

     客の入りは同時刻に開始されていた木更津キャッツアイの3分の1位(苦笑)

     映画は・・・・・第二部の硫黄島からの手紙を観てからでないとなんとも言えない部分はありますが、少なくとも1800円の価値はありかと・・・。

     まずこの映画の本質的な部分では無い戦闘シーンなどは大迫力で、上陸シーンなどはかなりのものでした。海を真っ黒に埋め尽くさんばかりの戦艦や巡洋艦、上陸用舟艇などのシーンもなかなかのものです。
     ただ・・・・・・悲惨さ・・・というか「グロさ」というかも強烈で、私でも3回ほど目を背けてしまいました・・・・ちょっと夢に出てきそう・・・。・・・・ついでにちょっとネタバレですが、「ストロベリーソース」は暫く食べたくない(-_-;)

     ドラマの部分では「英雄」とはなんなのか?と考えてしまう映画でした。映画が進むにつれ「英雄」という言葉で胸を締め付けられるような思いをしたのは初めてです。

     ただ、時間軸がいくつもあり、それがフラッシュバックで繋がってゆく手法の映画なので、ちょっと難解な映画になっているような気がします。とはいえ、個人的にはオススメの一本です。

    関連リンク

    「硫黄島からの手紙」観てきました

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA