• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    愛用万年筆です。
    ボールペンも使いますが、最も書き味が気に入っているのが万年筆です。
    他にも万年筆は使っています。中でも使っている年数ではコクーンが最も長く、このセンチュリーは最後発です。このセンチュリーは持ち歩かず自宅専用です。
    この万年筆の良さは、書き味、持ったときのバランスもさることながら、シャルトルブルーという色が最高に気に入っています。自宅でゆったりとした気持ちで使うことが多く、最近ではこの万年筆を握るとゆったりした気分になれるような気がします。
    国産の金のペン先がついた万年筆の中で定価1万円のものは本格万年筆としてスタンダードなものです。この値段帯ではパイロット、セーラー、プラチナから優れた万年筆が発売されていますので、気になる方は調べてみると良いでしょう。
    筆記具で書くという性能だけを取り上げるならボールペンでも優れたものは沢山ありますが、万年筆という楽しみ方もあると思います。筆記具を使う事が少なくなりつつある現代だからこそ、書くことに拘るのもまた豊かな時間を過ごせるのではないかと思います。
    ただ私は、ボールペンはダメで万年筆は良いというつもりはありません、それを言い出すと日本語ならペンはダメで筆は良いとかいう話にもなりかねないので(笑)

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA