• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    倉敷の美観地区のレストランで昼食をとりました。
    レストラン&喫茶 N’s 食彩 Swan
    https://www.kurashiki.co.jp/swan/
    です。私は倉敷代官ステーキ丼ランチ温泉たまご付、妻はシェフ気まぐれランチを頂きました。


    外観は和風ですが、出てくるものは洋食系です。量も丁度良い位でしたし、サラダもメインもとても美味しかったです。1500円のランチとして申し分ないものです。




     お土産などを見てから倉敷駅に戻りました。本来岡山駅を15時台の南風の指定席を予約していたのですが、1時間繰り上げで14時台の南風の指定席に変更してもらってから岡山へ向かいます。なお、JRの特急券や指定券は「一回に限り」無料で同種類の切符に変更できます、豆知識。
     岡山から特急「南風」に乗ります。



     南風に使用されているのはJR四国の2000系気動車です。現在日本全国でも走っている「制御付き振り子気動車」の最初の車両で、大馬力エンジンと振り子で高速を誇る車両です。この2000系のバージョンアップといえるのが「スーパーはくと」に使用されている智頭急行HOT7000です。智頭急行HOT7000は狭軌・気動車・振り子で設計最高速度160km/hというキレタ性能です。HOT7000に以前乗った時確かに気動車とは思えない快速だった印象があります。2000系はHOT7000に比べればカタログスペックは下なのですが、それでも十分早いです。
     なお偶然にも宿毛行きの南風でかなり長い距離を走行する特急です。
     私は瀬戸大橋線で高松には行っていますし、連絡船時代に予讃線で高松から松山の間を乗ったことがあるのですが、土讃線は初めてです。
     琴平駅は「昔は長い編成が止まったんだろうなあ」と思わせる駅で、堂々たる風格の駅舎でした。



    金毘羅山方面に向かいます。



    途中に琴電琴平駅があります。



    参道をあるきつつ、明日訪問する歌舞伎座の前を通り、裏道から琴平花壇に向かいます。






     琴平花壇には裏口?から入りました。

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。「お問い合わせ」からご連絡ください。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA