• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程



     ハセガワから最近発売された1/48 VF-1J/Aのキットです。
     VF-1は「超時空要塞マクロス」に登場した機体です。S型やJ型など多くのサブタイプが存在します。
     最近のハセガワのキットですので、大変作り易いものになっています。同社の72のVF-1に比べても数段作り易いものになっています。垂直尾翼は72ではハセガワ独自解釈のモールドが入っていたのですが、設定どおりのモールドになっているようです。デカールは国産のシルクスクリーンのもので、大変発色も良く貼りやすいものです。ただ、コーションデータの切れ味などは、以前のオフセットのものの方が良かった様な気もします。キャノピーは中央にパーティングラインのあるバブルキャノピーとU字型の両方がセットされています。(注)、バブルキャノピーは「ハセガワの手抜き」ではなく、バブルキャノピーを再現するためにわざわざスライド金型にしているものです。
     VF-1Aのマックス機にしてみました。キャノピーはU字型を使用しています。
     垂直尾翼の衝突防止灯をクリアー化したのと一部逆エッジにスジ彫りを入れた以外はほぼストレート組です。
     サフ+ブラックを下地に基本塗装を行いました。
    ホワイト スーパーシェルホワイト(フィニッシャーズ)
    ブルー  スーパーシェルホワイト→ウルトラブルー(ガイアノーツ)
     スモークグレーでシャドウを入れた後に、ジャーマングレーでウォッシング、デカールを貼って、つや消しクリアーを吹いています。
     主脚横のカバー、キャノピーは接着しています





    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA