• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    水中翼可動のために、前部側には真鍮線+ポリキャップ+プラパイプを仕込んでおきます。後部は本来ポリキャップを仕込みたかったんですが、甲板パーツと干渉するので真鍮線を挿すだけの方法にしました。

    そして主要部を接着しました。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA