• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

     原子力砕氷船「レーニン」は1959年に就役した世界初の原子力砕氷船です。このレーニンのデータを生かして作られたのが北極点に到達した「アルクティカ」(初代)です。現在二代目「アルクティカ」が就役しています。

     ズベズダのFacebookによればこの二代目アルクティカを350で出すそうです。ほんまかいな(笑)

     コンブリックのキットです。レジンパーツ+エッチングパーツの構成で、パーツ精度はいつものコンブリックでかなり高いです。

     しかし、エッチングの番号が無いので説明書を解読しつつ作ることになります。また、一番頭を抱えたのがデカールが無い事で、キリル文字のデカールなんてないので、

    コンブリック 1/700 ソ連原子力砕氷船「レーニン」3  

     の通りなんとかでっちあげました。

     塗装は甲板をグリーン、ホワイトはEXホワイトです。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA