• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    途中まで進めていたタミヤの新しいスピットファイアです。

    基本塗装とシェード・ハイライトまで進んでいます。
    さて、スピットファイアで何を語るか?です。
    先日醍醐フリートークで参加者の方と模型の話をしたときに出てきた話題です。
    模型を通して何を見るか?
    スピットファイアを通して何を見るか、何を語るかというのは多種多様であるのだと思います。
    スピットファイアを例にしますが、例えば
    航空工学的に楕円翼、層流翼
    エンジンでロールスロイス・マーリンの特性
    ライバルのメッサーシュミット Bf109
    航空機の歴史的にスピットファイアの位置付け
    第二次大戦でのスピットファイアの位置付け
    もし第二次大戦にスピットファイアが間に合わなかったらどうなっていたのか
    イギリス国民のスピットファイアの溺愛ぶり
    イギリスにとってスピットファイアとはどういう事を思い起こさせるのか
    音楽にまでなったスピットファイア
    などなど。
    ついでに純模型的に言えば「プラモデルの中でスピットファイアの位置付け」もありますね。
    あれこれと膨らませる事もできます。
    プラモデルを作るときに「こういう事も調べてみると面白いよ」という話も伝えられたらなぁと思います。

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA