• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

     このアニグランドのレジンキットは、20年前位の「所謂ガレージキット」という印象です。レジンもすんごい有機溶剤の匂いしますし(笑)パーツの合いは基本的に悪くないんですが、変形が凄い

    熱を加えて広げるってもスジボリの所で折れました(笑)。まあ飛行状態なのであんまり関係ないですが。

    それからインテイクダクト内部を塗装してから取り付けます。

    これでほとんど形になっているのですが、このキットの大問題

    個体差とか組み方とかいろいろあると思いますが、おお全然合わない、これじゃマッハ2.9は出ないなぁ。

    塩ビへの切り替えも考えたんですが、クリアーレジンの方が削ったりしての合わせはしやすいので、クリアーレジンのまま調整して行こうと思います。

    このインテイクの形状は、世界の傑作機1の記事内で

    「大迎角飛行時の特性が疑問」

    と書かれてました。

    うん、まあ確かに(笑)

    高迎角飛行の超絶性能(ほとんど直立でも飛行可能)と言えばF/A-18系列ですが、確かにF/A-18と比べるとこのインテイクは高迎角飛行には向いていないですね。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA