• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    2021年3月現在入手困難なキットなのですが、少しキットを紹介します。

    メーカー:ボークス/造形村

    発売日:2013年8月24日

    価格:4800円

    ボークスのスケールモデル復帰第1作1/32の震電が2010年発売ですから、3年の時を経て1/48でも発売になりました。現在F-4Eシリーズを発売している造形村1/48シリーズの第1弾になります。

    造形村の他の1/48レシプロ機に言えることですが、外観だけではなくフレームも再現することで、実機構造を知ることが出来ます。エンジンが再現されているとかそういう次元の話ではないです(笑)

     よく細分化されたキットだと「ボディどこ?」「胴体どこ?」と探し回ると、バラバラに分割されていて「・・・・・・」という事もあるのですが、この震電、ギリギリのバランスで胴体も見えつつ、フレームも再現しています。

     どこまで外板を取り付けるかが問題になります。全て取り外してフレームも見せられますし、全て取り付けて外観を楽しむこともできる。

     今回は依頼者さんとも相談して、機首の機銃部とエンジン部は外板を外し、コクピットは外板ありという方式にします。

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。「お問い合わせ」からご連絡ください。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA