• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

     バンダイのビークルモデル スーパー・スター・デストロイヤーです。

     10万分の1という地図のような縮尺です(笑)、これも手のひらサイズですが、もう凝縮感がものすごい!

     これまた、バンダイの現在の基準でスナップフィットは塗装しても気持ちよくはまります。

     ちなみにスナップフィットは別にして

    3DCAD設計だからぴったり合って当たり前

     などという意見もありますが、3DCAD上のデータと樹脂では全く違います。樹脂ですから注入後、冷える時に収縮しますし、注入時のパラメータでも違います、もっと言えば各パーツの形状も関係して収縮しやすい方向とかも影響するのでそう簡単ではありません。

     船体上部が前後に分割されていたので一か所だけ合わせ目をけしました。

    塗装はMr.カラー333を下地にMr.カラー307です。エナメルのブラックでウォッシングしてからスーパースムースクリアーつや消しを吹きました。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。「お問い合わせ」からご連絡ください。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA