• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程



    アメリカ海軍原子力ミサイル巡洋艦「ロングビーチ」は第二次大戦後にアメリカ海軍が初めて建造した巡洋艦です。
    1961年に竣工し、何回かの改造を受けながら1995年に退役しました。最初は5インチ砲を装備しない純然たるミサイル艦でしたが1963年に5インチ砲を搭載しています。
     ロングビーチのプラモデルというと長らくレベルのふるーーーーーーいキットだけだったのですが、一昨年にサイバーホビーから発売されました。
     このキットはフルハルモデル(喫水線で分割されてますが)なので、艦底板はプラ板で作ってWLモデルに変更しています。時期的には1967年ごろです。
     同梱のエッチングを使用し、汎用のエッチング手すりを取り付けています。
     塗装はサーフェイサーグレー+サーフェイサーブラックを下地に行っています。
     甲板 軍艦色1
     舷側 Mrカラー307
    です。
     シャドウをいれてから、スミ入れとつや消しクリアーです。
     このロングビーチ、実は1年以上前に着手済みだったものですが、この数日で一気に仕上げました。サクサクモデリングも楽しいです(笑)

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA