• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    アオシマ 日本海軍水上機母艦「日進」 8

    甲板のハッチは扉のモールドではなく、ラッタルのモールドになっています。エッチングのハッチを上からかぶせる事で対処します。 艦尾のボラードは何故かモールドが無いので、プラ棒で再現しておきます。 パラベー …

    続きを読む


    アオシマ 日本海軍水上機母艦「日進」 7

    細部のパーツの組み立て塗装を行います。リール関係をエッチング+プラ棒に変更しました。

    続きを読む



    アオシマ 日本海軍水上機母艦「日進」 5

    リノリウム色を吹いてから、マスキングを行います。かなり面倒なタイプだったので、サードパーティのマスキングシートを購入して使用しました。

    続きを読む


    アオシマ 日本海軍水上機母艦「日進」 4

     サーフェイサーを吹いて表面状態をチェックします。  削りすぎた部分がありますね。  プラパーツの場合サーフェイサーである必要性は無いです。ただしサーフェイサーでダメな理由も弱いです。意外にご存じない …

    続きを読む


    アオシマ 日本海軍水上機母艦「日進」 3

     プラ棒で舷外消磁電路を装着しました。  上部構造物の組み立ても進めていきます。

    続きを読む


    アオシマ 日本海軍水上機母艦「日進」 2

    甲板の艤装品類に注入不足というかヒケというかがかなり多いです。ラッカーパテをヒケの部分に塗っていきます。

    続きを読む


    A&A 1/72 VJ101C-X2 9

    脚が付きました。シートは、どうにもこうにも収まらないので、下部をかなり削ったり上部も削った上でなんとか収めました。  また、エンジンポッドの差し込みが塗装をしたらはまらなくなったので再度調整しています …

    続きを読む


    アオシマ 日本海軍水上機母艦「日進」 1

     アオシマの水上機母艦「日進」です。  千歳型とは厳密には違う船体なのですが、バルジを削ることで日進をプラモデルで出しました。  まずはナットを仕込んだうえで、バルジを削り落とします。プロクソンのペン …

    続きを読む


    A&A 1/72 VJ101C-X2 8

    デカールを貼ってクリアーコートを行いました。クリアーは水性のプレミアムクリアーを使用しています。

    続きを読む