• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程


     ビゲンはスウェーデンのサーブ社の戦闘機/攻撃機です。世代的にはF-14やF-15と同じです。先代のドラケンに比べると個性的な装備が多いです。例えば主脚車輪が直列二輪であったり、戦闘機なのにストラトリバーサーを装備しています。垂直尾翼も折りたためるようになっているなど、装備をあれこれと盛り込んでいます。
     スタイル的には現在ヨーロッパでは主流のデルタ+カナードを最初に採用した事が特徴です。
     この時期の複座型の機体はフォックスバットにしろビゲンにしろ単座とは全く印象の違うもので、模型的に大変面白いです。
     基本的にストレート組です。ナチュラルメタル仕上げになるので、下地を十分磨いてから、サフ、更に研磨、更にグロスのグレー塗装という手順で下地を仕上げてからメタリック塗装を行っています。
     メタリック塗料はスーパーファインシルバー2とパーカッションジュラルミンをメインに使用しています。

     デカールを貼ってから水性のクリアーを吹いて仕上げています。







    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA