• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

     ミッドウェー海戦で、他の空母が被爆し単艦となるも奮戦した飛龍です。 飛龍第三次攻撃隊を飛行甲板に上げた状態なので、実際には存在していない状態になります。

     フジミの飛龍をメインで使用し、ヤマシタホビー、ファインモールドなどの装備品類を使用しました。搭載機はフライホークのものです。

    カジカ/フライホークの搭載機は精密度もかなり高いので、「ここぞ」という時には第一選択になると思います。但し零戦・艦爆・艦攻各6機で2000円弱で、これを赤城とかで満載となるとちょっと厳しいお値段になりますね(笑)

     最終状態なので、プラ棒でマントレットも装備してみました。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA