• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    まだ日本には代理店経由では入っていないのですが、ホビーショップガネットで購入できたので、発売前にさっそくレビュー

    既に先行レビューされている人生でいちばん好きな飛行機のプラモが新発売された人の話も是非ご覧ください。

    受難のバッカニア

    ブラックバーン バッカニアといえば

    1. エリア88に登場
    2. 超低空侵攻用というオトコノコ心をくすぐる仕様
    3. なんとも変態的個性的な模型映えするフォルム

    という機体で、日本でも人気の高い機体だと思います。

    バッカニアのキットといえば、私なんかはタミヤのミニジェットのイメージが強いのですが、マッチボックス(現レベル)やエアフィックスの旧キット

    などがありましたが、まあそれはそれは・・・・・でしてね。

     そこへもってきて、某中国メーカーが確か新製品を予告したと思うんですが、今に至るも発売されず。バッカニアファンはため息をついて旧キットを何とかしようかどうしようかと思案すること十年ほど・・・・・・。

    なんでバッカニアが出ねえんだよ!

    アメリカ機とかならマイナーどころまで出ているのに、なぜバッカニアは救済されない!

    と呪いの言葉を吐きたくなるような状況の中、本家本元エアフィックスから待望の新キットが発売になりました。

    真のメシアが降臨した!

    最近のエアフィックスのキットの出来そのままに新しいバッカニアを手に入れる事ができます。

    細かい事を言えば気になることも無くはないんですが、もしここを薄くしたら整形不良多発とか、むしろやすりかけられないだろうとかと思うので、私はこれくらいが好みです。飛行機のプラモデルとしてはかなり作りやすい方です。正直合わせ目消さなくてもあまり気にならないと思いますし。

    エアブレーキも開状態にできます。

    一応自己責任の範囲ですが、主脚も前脚も車輪を別に塗装しておいて後からプラの弾力を使って押し込めます。エアフィックスのプラが柔らかいからできる芸当でもありますけど(笑)

    飛行機模型でもこういうバルクヘッドを入れてガンプラで言えばフレームを入れるのが昨今では標準になりつつありますが、うれしい配所ですね。

    主翼をたためる状態にも組めます。またエアフィックスが偉いなあと思ったのがデカールのこの箇所

    分かりますかね、上段の「4」の上と下に黒線があるのが。この上下の線をガイドにデカールを切れば折り畳み状態用のデカールになるってことなんですね。

    なお、デカールはカルトグラフで高品質です。コーションの一部がオニのように小さいうえに、カルトグラフなので余白がほどんどありません、なのでできれば高品質ピンセットを準備することをお勧めします。しかしからぱたさんの先行レビューでも書かれていますが、細かいパーツや細かいデカールなんぞ貼らなくてもええんじゃないでしょうか?それよりはバッカニアを皆さんに組んでほしい!

    さあ皆さん、救済でも成仏でも何でもいいので、エアフィックスのバッカニアを是非!

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA