• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    ハセガワの1/72 F-15 activeが完成しました。

    実機自体が、時期によってかなり違いますし、キットと実機がどうのこうのというのも何なんで、まあそれはそれで(笑)
    しかし、カナード付きのF-15というだけでも大変大変貴重なキットだと思います。
     基本的にハセガワの複座型F-15にレジンパーツのカナード関係をレジンで機首の大型のピトー管?をメタルで追加したものになっています。この機体の改修前がS/MTDです。このS/MTDはエースコンバットインフィニティにも登場し、私がよく使っていたSu-34の「天敵」で、こいつがでてくるとため息をついたものです(笑)

     ハセガワの1/72のF-15は既にかなり古いキットで、スジ彫りはかなり浅いので全面を彫り直しました。これが大変でした(苦笑)。
     機首側面のプローブはインセクトピンに、シートベルトはナノアヴィエーションに変更しています。
     塗装はホワイトとレッドは塗装で、ブルーはデカールです。スミ入れはブラックでは強すぎるのでグレーにしてあります。
     クリアーコートはグロスで行ってあります。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA