• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

     Su-33フランカーDはソ連/ロシアの大型戦闘機Su-27フランカーの艦上機型です。艦上運用のため、Su-27に対し、カナード、着艦フックの追加、足回りの強化(前輪の二重化)、折りたたみ機構の追加、テールコーンの短縮などが行われています。
     ハセガワのニューキットです。アイマス機が先行しましたが、通常版を制作しました。


     表面のモールドは大変繊細で塗装を薄く仕上げないとモールドが埋まりそうです。ホビーショーでのハセガワの方曰く
    「バンダイの人曰く、フランカーDの表面モールドは「ハセガワ彫り」というらしいです」
    バンダイの人曰くが、面白いです(笑)
     ハセガワの飛行機のキットとしてはかなり作り易いです。
     しかし、フランカーってデッカイですなー、1/72でも1/48のユーロファイターと大きさがあんまり変わらないのは之は如何にという感じで(笑)
     一部のスジ彫りを彫りなおした以外はストレート組です。
     サーフェイサーグレー+ブラックを下地に基本塗装を行いました。基本塗装はハセガワの説明書どおりの調色です。
     スモークグレーでシャドウを入れてからブラック+ジャーマングレーでウォッシング、デカール、つや消しクリアーです。なお、エンジンベイと機関砲周りなどのシルバーをグロスにしてメリハリを出すようにしてみました・・・・・・マスキングで死にましたけど(汗)
     ちなみにカナードの迷彩が一部間違ってます・・・・デカールも貼っていたので修正は諦めました(汗)

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA