• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

     一部薄々攻撃をしたくらいで素組みです。太ももはかなり考えたのですが、完全に消してしまうとダンバインが実在した時に外装をはずしてのメンテナンスができないのではないか?と考え合わせ目消しはしないで、そのままにしてみました。

     軟質ゴムのパーツはつや消しクリアーを吹いただけです。

     今回のHGダンバインはダンバイン本体のブルー2種類の色合いに拘りたかったので、調合はかなり試行錯誤でした。薄いブルーと濃いブルーはベースとなるブルーとホワイトは同じ色合いで、割合だけが違うようにしてみました。また濃いブルーはいずれ作る夜間迷彩のビルバインのブルーにも使う(切迫している状況のゼラーナ内でダンバインの塗料を使いまわしたというMy設定(笑))ので、その辺りのバランスも考え調合してみました。説明書ではコバルトブルー+ホワイトなのですが、個人的な好みでパープル方向に若干振ってみました。当初ガイアノーツのコバルトブルーにレッドを足しながら調整してみたのですが、レッドの割合があまりにもシビアで挫折してしまい、結局ガイアノーツのコバルトブルーにフィニッシャーズのブルーパープルを足す方法にしました。コバルトブルーとブルーパープルの割合は3:1程度です。このブルーにホワイトを4倍程度足したものが淡いブルー、2倍程度足したものが濃いブルーです。
     ダンバインの外装はオーラコンバーターなどの「メカ部」と通常の外装部の「生き物的な部分」を考えベースグレーを吹くか吹かないかを選択してみました。薄いブルーはサフ→ファンデーションホワイト→薄いブルー。濃いブルーはサフ→ベースグレー→ファンデーションホワイト→濃いブルーです。
     ピンクはブライトレッド+スカーレット+ホワイトです。ピンクの部分は一部筆塗りしてあります。フレームなどはミッドナイトブルー+ブラウンです。
     足などのラインはエナメルのジャーマングレーです。スミ入れ後にガイアノーツのつや消しクリアーをごく軽く吹いてあります。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA