• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程


     このスカイグラスパーはGAT-X105ストライクの大気圏内支援機です。ストライクに装備できるエール・ソード・ランチャーの各ストライカーパックを装備できる設定になっており、劇中ではソードストライカーを装備して対艦攻撃を行うというなかなか破天荒な機体です(笑)
     EXモデルの144分の1のSEEDメカセット1(ちなみに2は未だに出ていないはず(笑))のスカイグラスパーを使用しました。劇中アークエンジェルにはスカイグラスパーが2機配備されていますが、フラガが一般的に使用した一号機+ランチャーストライカーの状態で製作しました。ランチャーストライカーはコレクションシリーズのものです。


     インテイクの開口や、両翼のハードポイント(ストライクなら肩に付く装備を取り付ける部分)の開口を行いました。また砲塔式のキャノン砲と中口径のキャノン砲の砲口は開口しました。一部スジ彫りを追加し、スジ彫りは掘りなおしています。
     ランチャーストライカーはほぼストレートですが、ストライクの肩に装備される側の円柱状の部分の裏打ちを行ってあります。また尾部のハードポイント(ストライクなら背中にあるハードポイント)から320mm超高インパルス砲「アグニ」への接続アーム部のポリキャップがむき出しになる部分をプラ板で囲ってあります。
    塗装
     基本工作後にサーフェイサー+ブラックを下地に行いました。
    本体
    ホワイト EXホワイト(ガイアノーツ)
    イエロー EXホワイト→橙黄色(ガイアノーツ)
    ブルー  ファンデーションブルー→コバルトブルー(ガイアノーツ)
    機首・ノズルなど カーボンブラックマット
    ランチャーストライカー
    グリーン RLM82ライトグリーン(クレオス)
    イエロー EXホワイト→サンシャインイエロー(ガイアノーツ)
    レッド  ファンデーションピンク→ブライトレッド(ガイアノーツ)
    ブラック+ジャーマングレーでスミ入れ後にデカール、ガイアノーツのつや消しクリアーをごく軽くです。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA