• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

     アークエンジェルはガンダムSEEDに登場する艦で、オーブのイズモ級戦艦をベースに建造されました(その為武装などに類似点が多い)。
     劇中では主人公サイドの艦として活躍、地球降下作戦では主人公キラ・ヤマト搭乗のストライクを救うために艦長の判断で推力に余力のあったアークエンジェルがスラスタを起動、降下コースを変更しストライクを収容後、敵側の勢力圏の北アフリカに降下しました。その後アークエンジェルは満身創痍でアラスカにたどり着きますが、囮部隊に編入され、侵攻してきた敵部隊もろとも大量破壊兵器のサイクロプスによって葬り去られる運命となりましたが、独断でアークエンジェルに帰艦したムウ・ラ・フラガによってサイクロプスの情報を知らされ、一部の部隊と共に戦線を離脱。その後はオーブに身を寄せる事になります。オーブ陥落寸前に、イズモ級戦艦二番艦「クサナギ」と共にオーブの指導者ウズミ達の想いを乗せ宇宙へ脱出します。その後はエターナルと共に三隻同盟を結び戦局に大きな影響を及ぼしました。
     続篇でもアークエンジェルは出てきます・・・・えと、続篇のことはアークエンジェルに全てを託して見送ったトダカ以外はまあいいや(爆)。
     EXモデルのキットです。ストレート組です。
     サーフェイサーグレー+サーフェイサーブラックを下地に基本塗装を行いました。もう10年位前のキットなんで、今見ると物足りない部分もありますな(笑)
    ホワイト EXホワイト(ガイアノーツ)
    レッド  EXホワイト→ブライトレッド(ガイアノーツ)
    ブルー  EXホワイト→GXブルー
    ジャーマングレーでスミ入れをしてからつや消しクリアーです。
     今回地上戦仕様という事で、主砲のゴットフリートと副砲のバリアントを展開状態にしました。でもなー、この状態ってどうもアラスカのシーン思い出すなぁ。例の
    イザーク「後方よりデュエル!」
    「えええ!」
    イザーク「足つきぃぃぃぃ!今日こそ終わりだな!!」
    「くっそー!こんな時に!!」
    イザーク「舐めるな!バスターとは違うんだよ!」
     もうイザークの名言(迷言)いっぱい。多分ですけど、「キャラクターが勝手にしゃべる」状態だったんでしょうね(笑)
     ツッコミどころはあるけど、いいのよ面白いし(笑)

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA