• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

     速吸と見た目はちょっと似ているCAMシップです。CAMシップとはCatapult Aircraft Merchant Shipつまりカタパルト装備商船の事でカタパルトを装備しています。

     ただし、速吸が艦隊随伴の給油艦からも飛行機を発進させようとするもの何に対し、CAMシップは護衛空母が充実するまでのつなぎとして輸送船団に戦闘機を搭載するもので、運用思想が異なります。

     まずはパーツ洗浄して表面処理を行ってからプライマー入りのサーフェイサーを吹いてみました。折角なので速吸と一緒に

    CAMシップはこの段階ですと商船のままですね、速吸は給油艦ですし、日本海軍らしくいかにも凝った装備になっています。

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。「お問い合わせ」からご連絡ください。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA