• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    元記事 2011年07月03日

     特二式内火艇(カミ)は海軍陸戦隊の水陸両用戦車です。
     前後にフロートを装着しての上陸作戦での使用を想定されていました。また、ウィキペディアによれば、多号作戦の第9次作戦に、二等輸送艦に搭載されてオルモック湾の逆上陸策戦に投入されているようです。ちなみに「竹」が奮戦したオルモック夜戦は第7次作戦です。

     艦船モデラーにとっては特二式といえば、何と言ってもタミヤの輸送艦セットについているフロート付の姿を思い出すので、昨年の秋のホビーショーで「特二式内火艇」のパネルが展示されていてもピンと来なかったのも事実です(汗)。

     サイバーホビー/ドラゴンのキットです。説明書以外はかなり良く出来たキットです。カミ用のマジックトラックも出ているようなのですが、今回はキット付属のドラゴンスチレン製のベルト式の履帯を使用しました。

    1 サーフェイサーグレー+サーフェイサーブラックを、ほぼガイアノーツのジャーマングレー位の色に調合して全面に塗装
    2 シャドウ部と転輪のゴム部にカーボンブラックマットを細吹きで塗装
    3 クレオスの軍艦色2でシャドウ部を残しながら塗装
    4 薄めた軍艦色2を全面に塗装
    5 シャドウ部にスモークグレーを塗装
    6 軍艦色2+ホワイトを二段階くらいでハイライト部に塗装
    7 転輪のゴム部などを再度カーボンブラックマットの細吹きでトリミング
    8 薄めた軍艦色2を全面に塗装

    で この後ブラック+ジャーマングレーでウォッシング。デカール、つや消しクリアー、ウェザリングマスターでウェザリング、シルバーで軽くドライブラシ。

     の順です。個人的にはスクリューのゴールドがグロスのままだったのがちょっと目立ちすぎかな???という感じです。逆につや消しにするのもなぁ・・・・という感じなんですが(汗)

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA