• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

     F-5Eはノースロップが開発したF-5Aフリーダムファイターの改良型です。F-5Aフリーダムファイターは極めてシンプルかつ小型の機体で、優れた運動性を持ち、海外供与戦闘機として高い評価を得ました。しかし、ソ連がMig-21を供与し始めると、性能不足が目立ってきた為、改良が行われました。改良点はエンジンの強化とレーダーの装備です。このF-5EはF-5Aに引き続き、海外でも使用されました。また、その卓越した運動性能により米空軍、米海軍の仮想敵機としても使用されました。映画「トップガン」などが有名です。
     AFVクラブのキットです。1/48のF-5Eといえば、古ーーーーーい、モノグラムのキットが存在しているのですが、AFVクラブの新製品として発売されました。
     かなり優れたキットです。表面のリベットはエンジン周りを凸にするなどかなり凝ったものです。1/48としては少々リベットが煩い感じもしたので、ウォッシングは控えめにしてあります。機関砲の開口と、ピトー管を真鍮線+真鍮パイプに変更しています。シートベルトはファインモールドのエッチングです。
     塗装は米空軍のアグレッサー機です。ていうか、この仕様が作りたくてこのキット買いました(笑)
     迷彩はフリーハンドで行いました。もちろん一回では決まらないので、両色をじわじわとトリミングしています。ジャーマングレー+ブラウンでウォッシング後にデカール、つや消しクリアーです。
     当初キャノピーは閉めた状態を予定していたのですが、最後の最後でどうしても胴体と密着しなかったので、開けた状態にしています。

    下はシャークノーズのタイプ

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA