• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    ハセガワの1/72 FB-111Aです。

    F-111は世界初の実用可変翼機です。陸海軍で共通の機体を装備するという目的で開発されましたが、海軍型はキャンセルされました。

     爆撃機としては大変優秀な機体で、湾岸戦争など数多くの実戦に参加しています。その中で戦略爆撃機仕様がFB-111です。F-111AやF-111Eとの一番大きな違いは主翼で一長い主翼(元々海軍向けのF-111B用)を装備しています。

     基本工作、各部のスジ彫りの彫り直しと機首側面のプローブはステンレスのピンの先に変更しています。

     塗装は

    FS34079=Mrカラー309

    FS34159=Mr.カラーのドイツ機用ダークグリーン、

    FS34201=FS34102(ガイアノーツ)+ダークイエロー

    ホワイト=EXホワイト

    です。

     シェードとハイライトを入れてからウォッシング、デカール、つや消しクリアーです。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA