• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程



     シービクセンはデ・ハビランド社の全天候艦上戦闘機で、同社のバンパイア、シーベノムと連なる双胴タイプで、それも操縦席が機体中央から外れているという何ともイギリス機らしい(?)デザインの機体です。
     キットはエアフィックスのものです。1/48のシービクセンといえば、ダイナベクターのバキュームキットがありましたが、このエアフィックスのキットはもちろんフルインジェクションです。デカールはカルフトグラフ製で、大変高品質でした。

     このキットは主翼の折りたたんだ状態との選択式です。全体には良く出来たキットですが。もちろんタミヤのようにノンストレスで組めるものではないのですが、シービクセンへの愛があれば十分大丈夫(笑)。もしこのキットをこれから作られる人がいればですが、注意点は1つだけ、
    「パーツの勘合が余裕がなくきつすぎるので、少し緩めに調整をしていった方が作り易い」
    です。
     シートはレジン製のものに変更(正確にはキットにはシートベルトがないので)しています。ピトー管は強度を考え真鍮線です。
     下面 ホワイト 上面 エクストラダークシーグレーです。シャドウ、ウォッシング、デカール、つや消しクリアーといつもの手順です。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA