• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程


      ウィリアムズ・ルノーFw14Bは、1992年のF1で活躍したマシンです。1991年のFw14の改良型で、アクティブサスペンションを搭載しています。このアクティブサスペンションと、それ以外にセミオートマトランスミッション、トラクションコントロールなどを搭載し、更にシェルのスペシャルガソリンを使用したFw14Bを駆るレッドファイブことマンセルは1992年のシーズン当初から圧倒的な速さを誇り、開幕5連勝を飾りました。
     第6戦モナコGPの終盤、マンセルにタイヤトラブルが発生し、セナに抜かれますが、残り7週でマンセルが鬼神のごとき追い上げを見せます。マンセルは「抜けないモナコ」で激しくアタックしますが、結局抜けないままセナが優勝しています。
     まー何回も紹介してますが、これを見てくんねぇ(笑)
     三宅さんの実況も含めてF1至上最高の中継。なんせマンセルとセナ以外にほとんど他の車が映らないという「神が舞い降りたレース」(笑)、ファイナルラップ一週前のトンネル付近からとかセナもマンセルもバケモノですな(笑)
     私は「マンセル信者」ですし(笑)。
     フジミのキットです
     このキットはパーツ精度がベラボーに高いです。カウル開け閉めするの怖い位で・・・・・ちなみにフロントノーズは接着してませんが止まります(驚)。パーツ分割も1/20では適度で、これは凄いです。
     カーボンを多用しているFw14Bですが、部分的カーボンデカールを貼りこみました。全部貼るのは大変だったので(笑)
     タブのフルスポンサーデカールとタミヤのシートベルトセットを使用しました。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA