• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    フジミのフェラーリ F12 ベルリネッタが完成しました。

     フェラーリ F12 ベルリネッタは、599の後継のフェラーリのフラグシップカーです。
     もうこれはランボルギーニ アヴェンタドールと比べるのが一番分かりやすいです。どちらか上か?ではなく、両方とも間違いなく現代の究極のスーパーカーの一台である事は間違いないでしょう。
     個人的にはあまりにも普通すぎたデザインの599よりも断然このF12が好みですが(笑)
     アヴェンタドールのエッジの効いたデザインとは対極の美しい曲面で構成された極めて流麗なデザインだと思います。
     フジミのキットです・・・・・・えー、アヴェンタドールがねー、あーーうーーーだったので若干不安もあったんですが、「組むのが困難な部分」はあるにしても、何とかなるかなーと、何より原状で唯一のF12のプラモデルなんで・・・・T社が出しそうな気もしますが(笑)
     各部の勘合が余裕の全く無い調整なので仮組でははまってもクリアー塗装までいくとはめられない部分多数(汗)。それと一番のワナはフロント周りと、シャーシとボディの取り付けです。説明書どおりだと多分フロントは組み立てられない。フロント側にヘッドランプなど全てパーツを押し込んでからボディに取り付けるのが正解のようです。また、一番の問題がシャーシとボディの取り付けがボディ本体ではないパーツでシャーシと組み合わせるので強度が厳しいです。また、ヘッドランプカバーは特殊な接着剤でも使用しないと固定がかなり難しいでしょう(私はUV硬化の接着剤を使用)
     また説明書は塗装指示も含め???な箇所が多いです。
     ドアは開状態も可能ですが・・・・・・内装の床がチープなのでどうかなぁ???。私はヒンジパーツを一部加工してドライバー側は差し替え出来るようにしています。
     でもエンジンも結構再現されていますし、私のようにF12が好きなら買っても良いんじゃないでしょうか。
     ボディカラーは三層のロッソ・ベルリネッタで新色です・・・・そんな模型用塗料は原状ではないようなので、フィニッシャーズのメタリックレッドを使用しました。
     スーパークリアー3でクリアーコート後に研ぎだしています。付属エッチングは適宜使用しています。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA