• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

      このキットはプロポーション、作り易さ、ディテールのどれをとっても極めて優秀で、「21世紀のカーモデルの基準の1つ」と言ってしまって過言ではないと思います。少なくとも発売されたLP400に関しては決定版で間違いないでしょう。
     アオシマのキットに純正エッチングパーツから適宜使用しています。プラグコードもエッチングパーツに一緒に入っているものです。敢えて使用を見送ったのはリアの上部のスリットのエッチングです。エアインテイク前のスリットがプラなのでバランス的に見送りました。このスリットは寸法的には「塗膜の厚み」を入れるとちょっとキツイ位です。まあ、好みですね。次に作る時には使うかもです(笑)
     基本的にホビーショーのアオシマのブースにあった、LP400に近い状態で製作しています。ただ、フロントガラスのシェードのデカールは貼ってません。
     塗装はサフ→EXホワイト→橙オレンジ(ガイアノーツ)で、スーパークリアー3でクリアーコート後、研ぎ出しを行っています。ホビーショー会場にあった実車に比べると若干赤みが強いようです。実車にあわせるならもう少しイエローよりか、Mrカラーのオレンジを使用すると良いでしょう。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。「お問い合わせ」からご連絡ください。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA