• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程


     バンダイのハードグラフシリーズの第7弾のコアファイターです。セイラやアムロのフィギュアもついているのですが、ヘタレなんで作ってません(汗)

     キットの出来は大変良いと思います。スナップフィット、各部の可動ギミック(ポリキャップではないので、「動かせる」という程度のもんですが)色プラで、ここまでできるかという内容です。某飛行機モデラーさんが、このコアファイターを見て「バンダイが飛行機出してくれたらなぁ・・・・」と大きなため息をつきました(苦笑)。
     説明書の親切さ、読み物としての面白さを含め現代のプラモデルの最高のものの一つだろうと思います。
     ストレート組で、各部の面出しを行っている程度です。
    ホワイト グレーサーフェイサー→スーパーシェルホワイト
    ブルー  グレーサーフェイサー→ファンデーションブルー→GXカラーブルー
    レッド  ホワイトサーフェイサー→GXカラーレッド
     スモークグレーでシャドウを入れてからブラック及びジャーマングレーでウォッシング、デカール、つや消しクリアーです。
     マーキングは、セイラ機体で、スズメバチのマークが描かれています(説明書によれば、「下手に近づくと刺すぞ」・・・・という意味かもしれないという事です(笑))。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA