• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程


     8インチ砲を搭載する重巡洋艦ですがカウンティ級よりも小型で装甲も運動性(出力重量比という点で)もカウンティ級よりもで優れた艦ですが、8インチ砲は6門でカウンティ級よりも2門少なくなっています。
     イギリス海軍の重巡洋艦の中ではもっとも奮戦した重巡洋艦の一隻で、ラプラタ沖海戦でシュペーからの命中弾を受けながら沈没せず。修理完成後は大西洋で活動後極東に回航され、スラバヤ沖海戦で日本艦隊と交戦、8インチ砲の直撃を受け後退中に妙高型4隻の攻撃を受け沈没しました。

     アオシマの新キットです。とても作りやすいキットです。煙突周りはジャッキステーのモールドは削り落とした上でワイヤーを展開してみました。舷窓は最終時としては多すぎるので下段を一部閉鎖しました。
     ポンポン砲はフライホークのものです。20mmエリコンはナノドレッドを使用しています。
     エクセターの極東での写真を見ると、高角砲の間に棒状のものがあるのが確認できます。それまで舷側にあった繋船桁が恐らくここに置かれていたのだろうと考えます。アオシマのキットでもこの高角砲の間の棒がパーツ化されているので、このパーツを使うなら舷側の繋留桁のモールドは必要ないだろうという事で削り落としました。
     塗装はミディアムグレーをMrカラー335、甲板はMrカラー331にしてみました。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA