• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    「雷」というと以前アンビリバボーや世界と日本の知られざる絆ても取り上げられたとおり、日本艦隊と交戦して沈没し漂流中のエクセター、エンカウンターの乗員を救助しています。
     アオシマのエクセターに付属していたヤマシタホビーの「雷」のキットです。折角なので作ってやろうと思いまして。「響」で問題とされた煙突断面形状は「電」以降追加パーツが入っています。
     Ⅲ型にするために少しだけ手を入れました。
    1 予備魚雷格納筐を左右非対称位置へ
    2 後部構造物一部構造変更
    それ以外に主砲砲塔の補強板は1番砲は延長して、2番・3番砲は削り落としました。前述の救助時の工藤艦長の写真を見る限り艦橋前辺りは鉄甲板のようなので軍艦色を塗ってみました。
     エッチングパーツはテトラモデルワークスの「響」用のものです。前述の通り煙突の断面形状が違うものあってジャッキステー類は使用していません。後部煙突のファンネルキャップは一部加工して使用しています。
     塗装はタミヤのリノリウム色とタミヤの横須賀海軍工廠色です。空中線はナイロン線です。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA