• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程


    スプリングフィールドが完成しました。
    第二次大戦中就役したクリーブランド級の一艦で、戦後改装を受けたのでプロヴィデンス級と呼ばれています。

    元のクリーブランド級はこちら


    アメリカ海軍の対空ミサイルのうち、最初期のものが「テリア」です。テリアは後々のスタンダードミサイルの元になったミサイルです。スタンダードが現在の艦隊防空ミサイルとして現在でも第一線ですから、テリアの子孫が現在でもつかわれている事になります。
    テリアシステムは大規模であったために、既存巡洋艦を使用して搭載されました。まずバルチモア級重巡洋艦を改装してテリアを搭載、ボストン級となりました。その後に改装されたのが、このプロヴィデンス級です。ボストン級の改装が「艦前半はほぼそのまま、艦後半部分をテリアシステム」という必要最小限度の改装だったのに対し、プロヴィデンス級は艦前半やブリッジも大幅に変化しています。

    ほとんど魔改造ですな。
     NIKOモデルのレジンキットです。NIKOモデルは高品質キットですので、レジンキットの中では作りやすい部類です。
     この時期のアメリカ海軍及び海上自衛隊の船も私は好きですねぇ(笑)、思えばラティスマストのアメリカ海軍艦というのはこのプロヴィデンス級とボストン級以外だとちょっと思い浮かばないです。

    こちらの完成品もご覧ください








    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA