• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

     ユーロファイター タイフーンは、イギリス、ドイツ、スペイン、イタリアによって共同開発された戦闘機です。カナードを持つデルタ翼の機体で、ラファールやグリペンといった同時代の戦闘機と同じ特徴を持っています。
     機体本体の性能的には申し分ないもので、アフターバーナー無しでの超音速巡航(スーパークルーズ)と抜群の運動性を持ちます。電子装備的には現在ではまだメカニカルレーダーです。
     現在進行中のF-Xで候補機と1つとなっています(他の候補はE/F-18E/Fブロック2とF-35)。多分今までのF-Xの欧州候補機で「当て馬で無い」と断言できる初めての機体ではないかと思います。
     個人的には国防などの見地は別にして、3機種の中で一番見てみたいのタイフーンだったので航空自衛隊仕様で完成させてみました。
     デカールはF-Xが更新するF-4EJ改のものです。コクピットにエデュアルドのエッチングを使用しています。
     ドイツレベルのキットです・・・・えーと、出来は「まあまあ」(笑)、やっぱインテイク周りは飛行機は難しいねー(涙)
     塗装 サーフェイサーグレー+サーフェイサーブラックを下地に行いました。
     Mrカラー307と308の制空迷彩です。
     シャドウを入れる前にパネルラインにマスキングゾルを塗って、航空自衛隊風のパネルラインのタッチアップも再現してみました。
     ブラック+ジャーマングレーでウォッシング、デカールつや消しクリアーです。
     装備はミーティアミサイル×4、AAM-5・・・・・のつもりのIRIS-T、更にドロップタンク×2です。スペく的にはこれだけ積んでもM1.3でスーパークルーズできるそうな・・・・・・・・・このユーロジェットのライセンス生産が出来るだけでもユーロファイターを採用する意義はありそうなんだけどなぁ(笑)

    個人的にはこの後ろからのユーロファイターは大変カッコイイと思ってます(笑)

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA