• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    元記事 2011年01月02日

    アストンマーチンDBSはアストンマーチンのフラグシップカーであり、2007年の「カジノ・ロワイヤル」でジェームズ・ボンドの愛車としても活躍しています。

     タミヤのキットです。基本的には良く出来たキットだと思うのですが、結構イモ付けの部分が多かったり、クリアーパーツにエッチングパーツを接着する指示があったりと一昔前のタミヤのキットから比べると??の部分もありました。でもアストンマーチンのプラモデルが出るだけでも万歳(笑)

     ストレート組です。
     右フロントのヘッドランプで痛恨のミスを犯したのですが、どうにも修正不可能なので、そのままにしています。

     ボディ塗装はサフ→ブラックを下地に、クレオスのクリスタルカラーのトルマリングリーンを使用しました。
     スーパークリアー3でクリアーコートを行ってから研ぎ出しを行っています。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA