• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

    元記事 2007年11月25日

     「宗谷」のインジェクションキット化は大昔のキットを除けば、700分の1のシールズモデルのキットについで、ハセガワの350分の1のキットで2つ目で、私が作るのもシールズモデルのキットについで2回目となります。

     ハセガワの宗谷の第1次観測タイプと同社のエッチングパーツを使用しました。
     基本的にストレート組です。エッチングパーツは全ては使っていません。

     塗装

     サーフェイサー→透け止めのベースグレーを下地に行いました。

    基本塗装はクレオスから発売されている「南極観測船宗谷カラーセット」

    を使用しています。
     木甲板はマホガニー→デッキタンです。

     ジャーマングレーでウォッシング後にデカールを貼り、スモークグレーでシャドウを入れてからつや消しクリアーを吹いています。最後に空中線を貼っています。縮尺も考え700分の1での私の基準よりも太くしてあります。

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA