• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程


    今回のテーマはファインモールドのナノドレッドのCIWS、SSM、短魚雷発射管を組み込んでみる事でした。SSMはランチャー下部までナノドレッドのままです。ナノドレッドのSSMは搭載本数を調整できるので、折角なので片側3本にしています。短魚雷発射管だけは船体側加工が必要(穴を開けて凸モールドけずるだけ)ですが、概ねそのまま使用できます。ディテールは相変わらず素晴らしいので、ワンポイントディテールアップに最適です。ただ、短魚雷はゲート位置が何とかならんかったんかいとは思いました。
     ベースのキットはピットロードのむらさめ型です。

    新着艦標識類のデカールや各種アンテナがアップデートされているものです。
    ラティスマスト、舷梯類をむらさめ型専用エッチングへ、スクリューガードを真鍮線に変更してます。手すり類は汎用のエッチングパーツです。
     塗装はクレオスの護衛艦カラーセットです。キット付属の通路のデカールと色が合わなかったので通路内側のみクレオスの護衛艦カラーセットの滑り止め甲板色を筆塗りしています。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA