• 艦船模型・航空機模型などの完成品と製作過程

     この記事の通りF-20にはAGM-84ハープーンが積めるらしいのと、「F-16が存在しないなら」で、航空自衛隊仕様のF-20にしてみました。

     F-2というよりも、そもそもF-1が存在せずF-5だったら、その発展形のF-20があってもおかしくないという事です。問題はF-20に本当に対艦ミサイルが積めるか?という事ですが、最大離陸重量から言って、増槽一本と対艦ミサイル×2、短距離AAM×2なら積めるかも・・・・です。

     航空自衛隊仕様なので、対艦ミサイルはASM-2、短距離AAMはASM-3にしてみました。本当は内側パイロンにASM-2を搭載したかったんですが、翼が干渉するので外側にしてあります。

    制作 making

    .スジ彫りの彫り直しや合わせ目消しなど基本工作

    ・機首の機銃モールドを切り取って真鍮パイプに交換

    ・機首にピトー管を追加

    ・シートベルトはファインモールドのナノ・アヴィエーションからF-2と同じものを取り付け

    塗装 paint

    基本色 クレオスの洋上迷彩色、Mrカラー374、375、376。

    メタリックは クレオスのスーパーチタン2とスーパーアイアン2などです。

    ブラックでウォッシングしています。

    マーキング  marking

     ハセガワの1/72 F-2A/Bのデカールを使用しました。

    最後にスーパースムースクリアーを吹いています。

    こちらの完成品もご覧ください

    投稿者プロフィール

    まいど! maido
    模型好き。カメラ好き。各模型雑誌で掲載多数。
    艦船模型、飛行機模型、AFV模型などプラモデル全般の制作代行も承っております。(注)2021年3月現在多数のバックオーダーのためご新規での制作代行は半年以上先の納品となります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA